本日 95 人 - 昨日 221 人 - 累計 167313 人 サイトマップ

向こう側の壁にぼうしを捨てよう。

2013年01月14日
私の実家は田舎です。子供の時ベトナムはまだ戦後の影響がありました。1992年ごろと思います。
白いお米を食べれるのは夢の中のじだいでした。でもとても楽しかったです。

画像
時々父はサイゴンに行って帰りました。プレゼントは古い本1冊です。本のプレゼントは田舎では高級プレゼントでした。

大学までどうしても行きたい私はその時の父の古い本のプレゼントのおかげだと思います。

今でも覚えている本は向こう側の壁にぼうしを捨てよう という絵本。

 話は TOM君は近所の家の向こうに行きたいです。ですが壁が高くてとうげが多い壁です。どうしても超えられないときにおじいさんがでました。

おじいさんはTOM君に向こう側に超えたければまずぼしを向こう側に捨てなさい。

TOM君は貴重なぼしを捨てたくないが向こう側にどうしても行きたいからまずはぼうしを捨てた。そうして貴重なぼしをとるため向こう側にいけるためTOM君は出来る限りに上りました。

TOM君は痛くて苦しかったがやっと壁が超えられました。


その話はとても印象でした。今までいつもぼうしを捨てて超えられた事がおおいです。

やはり正しいと思います。

日本語を勉強したとき私の壁は田舎出身の事でした。その時日本語を勉強している学生は少なくてもし何か日本人と関係があるとか高校で少し日本語を勉強したので大学で続けたい人ではないと日本語学科を選びません。

私の田舎は日本語というのはまったく聞いたことがありません。

HONDA、AJINOMOTOぐらいです。

ですからクラスの中に私だけあまり日本語できなかった。自分は最初からのあいうえおを勉強しているうちにクラスメートはほとんど通常会話できています。

1年生の時走っても走っても5点でした。今まで田舎でいつも学校でクラス長で10点で学校一番優秀の地位だったのに。本当に苦しかった。

自分は日本語というのはあまり才能がないかなと思いました。

やめて他の学科に選んだほうが楽と何回も思ったが

あの日ホーチミン市内の日本語スピーチコンテストがあって見にいきました。

いろんな大学の人が発表しています。
見る間に私もとても興奮になって来年イェンはこのスピーチの台に立って発表すると頭の中に思いました。

そして次の年私はスピーチコンテストを申し込みました。

まだ2年生だから誰も出ていない。私の大学は5人申し込んでいました。4年生と5年生のお姉さんたちでした。

スピーチコンテストを出るために発音の勉強をしないと。それで先生を頼みました。

ベトナム人の先生は:イェンの発音は無理だと思います。田舎ベンだからやめたほうがいい。合格しないと思いますと断れました。

その時私は何も考えなくて日本人の先生に頼むしかないと思いました。

日本人の先生は:イェンはイェンで頑張りましょうとのことでした。

わあああ!とても嬉しかったです。毎週2回日本人の先生のところに行って発音の練習しました。

練習してから学校行く道中、サワを浴びる中、選択中、どこにも一人で練習しました。

結果:70人の中に15人を選べます。私がいます。

賞を取るのは来年だとおもいました。今回はスピーチコンテストの台に立って発表する事を目標だからと思って嬉しく堂々と発表しました。

画像

私のテマは:笑う事

発表する時笑う声をよく聞こえました。

わあああ!最高、みんな笑いました。
その記念だったです。

モデル

2013年01月12日
先週せいと一章にブイヴィエンどおりにジュースを飲んだ話です。

最近毎日夕方になったらせいといっしょうに散歩しています。

のどを乾いた時に目の前のジュース屋を飲みに入った。

店に入ったら子供のフォトが沢山ある店でした。

よく見ると日本の朝日新聞とかアジアのフォト試験などで賞を取った写真でした。
画像画像


私は毎日見ている事ですがこんなに本当な事ですので感動しました。
画像
画像新聞を売っている子供達


画像宝くじを売っている子供

画像ごみを取っている子供達
画像あひるを飼っている兄弟
画像砂滑るものをレンタル子供

画像網を洗う

この各写真を見るといつまにか涙が出てしまいました。
子供の時自分もこういう体験がありましたので懐かしくてなみだがでた。

よく本文を読むとTRANTHEPHONGさんの子供の時も道の子供(STREET CHILDREN)でした。それでカメラマンになったとき子供のための写真ばかり取りました。こどもが大好きそうな人と思いました。

その時TRANTHEPHONGさんは店に来ました。その時私はこんにちわを挨拶してまだ目がぬれています。

PHONGさんは私に 自然でいいと言いました。

それでいろんな話をしてから突然PHONGさんから

イェン!私のモデルになってくれますか?と聞かれました。

へええ!いいんですか?

ですが私はもう結婚して子供がいます。かわいいと思いますがお兄さんのモデルになってもいいですか?

とてもいいと思います。あなたの手足は何も縫っていないし、髪の毛は黒いし、ベトナムの伝統の服を着ているし、今回のテマにとても似合います。とのことでした。

それで今日私はせいを鹿に預けてモデルしにいきました。

ベトナムのAOBABAを着てふうせんを売るモデルになりました。

思ったよりモデルというのは結構難しかったですが新鮮ですので楽しかったです。

フゥエンの結婚式にて

2013年01月11日
フエンの結婚式はとても楽しく過ごしました。
主人は書いておりましたブログを乗せていただきます。

http://blogs.yahoo.co.jp/curryshikahcm/14586895.html

http://blogs.yahoo.co.jp/curryshikahcm/14586913.html

よろしくお願いいたします。

イェン